FC2ブログ
日々の暮らしの中の小さな幸せ
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ社会勉強 

このブログでは、趣味の楽しいことだけ書こうって思ってたんですけど、今日はちょっと違うので、興味のない方はスルーしてください(^^;

今週3日間、ホームヘルパー2級講座の施設実習があって
初めて、老人ホームを訪れて勉強してきました。

初日はデイサービスを見学。
ここは、幼稚園のお年寄り版のようなところで、朝行って、余暇を楽しんで食事をして夕方帰る、というところ。
お年寄りは耳の聞こえにくい方も多いので、職員の方の声の大きいのにまずビックリ。
そしてオーバーリアクション&テンションも高くて。(笑)
昔からオタク傾向の強い(笑)私は、一人趣味に没頭しているときがとってもシアワセで、人見知りも強くて、知らない人との会話が超苦手。
いきなり、利用者さんとお話ししててね、といわれても・・
でも、ボーっとしてもいられなくて
どうせ短期間のこと、えーいっ!ともうヤケクソ。(笑)
自分を捨ててはじけてきました。
でも、きっと職員の方から見たら全然まだまだ、って
感じだったと思いますが。自己啓発のいい勉強になりました。

2日目、3日目は特別養護老人ホームでの実習。
職員さんのまぁ忙しいこと。
ちょっとしたことが事故につながる仕事だし、
ほとんど車椅子のお年寄りの介護は、とても大変で、体力勝負なんだなぁ・・先週末、久々のぎっくり腰をやってしまって、まだ本調子じゃないので、実際にやらされたらどうしよう・・と思っていたんですが、
事故防止のため、実習生は見学のみとのことで、ホッとしました。。
腰が強くないと勤まらない仕事だと感じました。

それと、利用者のお年寄りの方々を見ていて感じたことは・・
こんなこと言っていいのかわからないけど・・
長生きだけが幸せなのかな・・ってすごく複雑に思ってしまいました。
・・・ただ生きてるだけ。
全員が食堂で食事をするために1台のエレベーターの前にずらーっと車椅子を並べられて順番待ち、それも2時間も。
皆ただだまって待ってるだけ。
食事が終わったらまた同じだけ待って、部屋に戻って排泄をしてもらって少し眠って、また食堂へ移動・・1日その繰り返しでした。
テレビを見るわけでも新聞を読むわけでも、おしゃべりするわけでもなく、ただただ「生」を守り続けてる。
なんだかとっても悲しくて泣けてきてしまいました。。
でも、それは私が見せて頂いた施設は介護度の高い利用者さんの多い施設だったから、なのかもしれません。

それでもやっぱり自分の親と思えば、こういう状態になったとしても生きて欲しいって思うと思います。
もし、自分だったら・・・やっぱり生きたいよ。
でも、はたから見ているとなんだか切ない。
何故か悲しくなってしまう。。

それと、もう1つ感じたことは、
お年寄りの笑顔には笑顔のしわが刻まれていて、それがとっても素敵に思えました。
それは、こちらまで幸せな気持ちになってしまう力がありました。
いつもぷんぷん怒って怒鳴っている方もいましたが、会話が出来なくても笑顔を見せてくれる方のほうに行きたくなります。
私も笑顔でみんなに愛されるお年寄りになりたい、って思いました。

しわが刻まれるくらい、笑顔の練習、しなくちゃね。



他にもう1ヶ所、実習とは関係ないのですが、ボランティアで、
児童養護施設にも先日行ってきました。
実は、里親制度のことについて少し勉強したかったのもありました。

最初に施設の方に
ここにいる70名近い子供の6割が親の虐待で施設に入った子供たちで
愛着障害になっている子供たちが多いということを告げられました。
私は、先入観で赤ちゃんポストのように捨てられた子供たちがいるのだと思っていたんですが、ほぼ100%親がいる子たちだということでした。
そして施設内に入って、若い学生ボランティアさんがすごくたくさんいることにビックリ。
イケメンのお兄さんやギャルのお姉さんも。
みんなワイワイ普通の学童のような感じで、楽しく遊んでいました。
調理師さんがきちんと栄養管理した食事を作り、心理療法士さんもいて、お兄さんお姉さんがいて遊んでくれる。

ウチでは、週末里親という制度を使って、子供たちと休日過ごしたいと思っていたのですが、
「うーん、我が家に来るよりここのほうが幸せかも」と
思っちゃいました。

それでも、表面上は楽しそうでも、きっと深い傷を負って、みんな見えないところで泣いているのでしょうね。。
資格が取れたら少し時間も取れるので、ここにはこれからも通ってみようと思っています。

自分と違う世界を見た数日でした。
いかに今が幸せか、と改めて感じました。
そして「今」を無理矢理にでも(笑)楽しまなくては・・「笑顔」で。
そして全てに感謝しなくちゃ・・

ながぁくなっちゃいましたね、全部読んでくれた方がいたら・・
お疲れ様でした。ありがとうございました。(笑)

コメント

 

色々、想うことあるよね。。。。
日ごろ、接しない世界に触れると・・・
知らないこと経験すると色々なことを考えさせられるね。
でも、ホントに「笑顔」と「感謝」はいつも忘れないようにしたいね♪

あ・・私信ですが・・・IDとかパスワードとか全部消えちゃったの。。
時間のある時にでもメールもらえると助かる(涙)
お願いします♪

 

わぁー読んでくれたの?(笑)
ありがとうね!

ホント、今回は特に肌で感じて考えさせられたよ。

うんうん。笑顔って本当に大事なんだね。
よく言われてるけど、普段あんまり気にしてなかった。
これからは意識していきたいな。

あとでメールするね~!

 

mitonさん お久しぶりですねぇ^^

↑の特別養護老人ホームでの実習でmitonさんが感じた事、私も先日主人の入院先の病院で感じました。
普通の病院でも入院している人、通院している人は殆んどお年寄りでした。
最近病院に行く事がなかったのでこんな事あまり感じてなかったんですがほんとワタシも悲しくなってしまいましたよ。
最近リハビリに通ってるんですが、そこでも
またお年寄りばかり。
自分達もこうなるのかと主人と待合室で話したりもしましたよ。

そう遠くない将来の事を考えると今できる精一杯の毎日を過ごさないと!と思い立たせてくれた主人の入院生活でした。チャンチャン

頑張りましょうね~♪

 

etsukoさん♪

おはようございまーす♪
ちょこっとご無沙汰しちゃいました(^^;
講習ももうラストスパートでバタバタしちゃってて。。
読んでくれてありがとうございます!

ご主人、入院なさっていたんですね。
etsukoさんも忙しくされていたんでは?
etsukoさんも体に気をつけてくださいね。

病院でも。。ですかぁ。
1年だって10年だって、振り返ってみると早かったし、きっと、一生なんてあっという間ですよね。
悔いのないように、精一杯楽しんで生きましょうね~!

 

mitonちゃん♪

最後まで読みました~(←誉めて)
私も2年前に近くのホームに行ってボランティアをしたことがあるの。
最初、そこに足を踏み込んだ時、どうしてかわからないけど、涙が溢れて止まりませんでした。
今思ってもどうして泣いたのか自分でも不思議なんだけど・・・

ボランティア・・・というけど、実際はその役になったから行っただけなんだけど、その役員が終わっても何度か行ったんだ。
お年寄りとお話するのってとてもためになるし、mitonちゃんが言ったように笑顔が素敵だよね。(というか可愛いんだ 笑)
今は引越しを理由に行かなくなったけど、今でもあの場所のことは思い出します。

mitonちゃん夢に向かって一歩前進しているんだね。

 

数年前、祖母がホームに入ってて何度か行った時、少し怖かった。
心臓がドキドキ、ドキドキ。
勇気を出して中に入り周りを見渡して見ると、広い食堂みたいな所に車イスに座ってボッーとしているお年寄りがいっぱい。
その中にはもちろん自分の祖母も。。
もう、私の事もほとんど分からないみたいで
その姿は私の知っている祖母じゃなかった。
親戚のおばさん達は慣れてて、明るく話し掛けてた。
私も頑張って頑張って、明るく大きな声で一生懸命話したよ。
正直言って、早く帰りたかった。。。

少しいて、慣れてきた頃ホームで働いている人達がみなさん若い事にきずいたの。。。
今風の女の子や、茶髪の男の子。
街にいたら、絶対老人なんて嫌い~。
って、言いそうな人達。
そういう人達が一生懸命笑顔で接してる姿をみて、驚いちゃった。

こういう人達に助けられてるんだな~って。

だから私は今でもホームは少し怖いです。
本当は怖くない所なのにね。。。

そんな所で笑顔で元気にお仕事している人を
とっても尊敬しています。
これから、頑張ろう~という人達も尊敬してます。

私には出来ない事だから。。。

mitonちゃん、ありがとう。


 

mitonちゃん こんにちは♪
風邪からだいぶ復活しました!

 施設実習お疲れ様でした~。はじめての世界はやはりドキドキしちゃうよね。
わたしもそうかもしれないです。
 わたしのおばあちゃんは97歳! まだ寝たきりになっていなくて歩いているらしいです。親戚の家に行く機会もなくなっちゃって、ずっと会っていないんだけど、「100まで生きたい!」と言っているそうです。ご飯食べながらうたた寝しちゃうこともあるんだって~。なんだかかわいいなぁ~なんて思っちゃった♪

 

mitonちゃん、こんばんは~☆
読んでて、ウルっとしちゃた(T_T)
エレベーターの前にずらーっと車椅子を並べられて・・・。
光景が浮かんできたの。
お年寄りの方たちもお元気だった時は想像も
つかなかっただろう今・・・。
でも一生懸命に生きてこられた笑顔は本当に素晴らしいよね。
↑読ませてもらってて、学生時代、障がい者施設に一週間泊まりこみで実習したことをふと思い出したよ。
最初はどうなることかと、本当に大変なことばかりだったけど、お別れの時は涙涙・・だったの~。
いろんなことを抱えながら、みんな生きてるんだよね。
mitonちゃんの言うとおり「全てに感謝」を忘れないようにしないとね。
私は、日々反省です^_^;

あと少しでヘルパー2級取れるのかな?
頑張ってね~♪
私も何か頑張るよ(汗)

 

mitonちゃんおはようございます。
3日間の実習お疲れ様でした。

私も実はユニット型の特別養護老人ホームで
働いていますが、
日々いろいろ考えさせられる事も多いです。最初資格を取った時はこの仕事出来るともやるとも
思っていなかったのですが、今していること自体が不思議です。

やっぱり体力勝負の仕事には変わりありませんね。働いている人は
腰痛持ちも多く、私も背中が時々痛くなります。
体がホントに悪くなったらひどくならないうちに辞めなければと
いつも思っています。

日々の日常業務に追われて疲れる事も多いけれど、
利用者さん1人1人が最期まで自分らしく過ごせるよう
おてづだいするのが、自分の仕事と思ってやっています。
でも施設はどうしても何時に食事、いつ入浴など決まっているので
ある一定枠にあてはまった生活をせざるをえないのも現状ですね。

施設で働いてみて、私は将来出来れば頭がしっかりしていて
身の回りのことが自分で出来る間は自宅で自分のタイムスケジュールで
暮らしたいと思ったりしています。

介護は人対人のお仕事なので、気持ちが通じて嬉しい事もあれば、
誤解で悲しい思いをすることもあります。

mitonちゃんが無事資格を取られたら思った道に進まれることをお祈りしています♪

 

mitonちゃん、昨日はばったり!!あって
超びっくりしたよ~でも娘ちゃんにもあえて
嬉しかったし!!元気そうなmitonちゃんも見れて嬉しかったわ~~~!

パパのお父さんも今は他界してるけど
倒れて病院とかにはいってるとき
おじいちゃん、おばあちゃん達が
たくさんいてびっくり!!
私はできる限りパパのお母さんと
自分の親もめんどう見ようと思ってるの!
だから簡単に起こせる方法とか今度教えてね。

子供の施設もあるって聞いたことあるけど、、
悲しいことだけど、そこで暮らしてると
楽しい事もあるんだろうね。。
私、中学のとき親がいなくて施設にはいってるお友達いたけど派手だけど明るい!!でも心は傷がたくさんあるよね。頼りたくても頼れない。けっこう片親の友達いたけどみんなしっかり自分をもってて強いかも。。な。
はいっちゃいけないけど、そこにはいらせてもらったの。暗いコンクリの建物だった記憶が
今は今風に明るいところになってるのかもしれないけど、、

私もながながになってしまったけど
本当、今を感謝しながら生きたいって思いました。そして人にも優しくって心から思いました。やけにまじめな私でした(笑)

落ち着いたら遊んでね~~




 

mikiちゃん♪

ありがとうね~♪
mikiちゃんは以前からボランティア活動していたんだね、私はつい最近やっと一歩進んだところで恥ずかしいです。

ああいうところはなんだか悲しくなっちゃうよね。
でも、ホントあの笑顔にはかなわないなぁって思う。そうなの、先輩方にそう言っちゃ失礼だけど、可愛くて可愛くて抱きしめたくなっちゃったよ。

今回のことで、やりたいことが見えてきた気がするよ。少しずつだけど頑張るね!
mikiちゃんも新たな夢に向かって頑張ってね!応援してるよ~!

 

sanaeちゃん♪

こんな暗い記事に(笑)コメントくれてありがとうね~(^^;

そうなの、そうなの。意外に若い子がたくさん働いていて感動しちゃった。
児童養護施設でも更に若いお姉さんたちがボランティアでたくさんいたことも。
こういう若い子たちがいること、素敵だなぁ、って思ったよ。
私に何が出来るかな、って思うけど、
出来る範囲で少しずつやっていこうって思ってまぁす。
もちろん趣味も思いっきり楽しみながら、ね♪

 

りょうちゃん♪

良かった、復活したんだね~!
という私が今シーズン4回目くらい!?の風邪をまたひいちゃって(T_T)
やんなっちゃうよ。

りょうちゃんのおばあちゃん、元気なんだね!すごーい!
施設にも102歳の方がいて、お話してきたよ。すごく可愛かった(*^-^*)
まだまだ長生きして欲しいよね♪

 

ゆめちゃん♪

私のつたない文で想像してもらえて嬉しいな。
その光景、なんだか切ないでしょう?
もっとどうにかできないのかな、って思ったけど、目も耳ももうあまり機能していない状態なら仕方もないのかな・・
障害者施設に泊り込みで実習したことがあるんだね、私は障害者支援のほうが希望だから
ゆめちゃんのお話もっと聞きたいな。
そうだね、障害者も健常者もみんないろいろ抱えながら生きてるんだよね。
私も感謝、忘れがちだけど(^^;
こう思った気持ちを忘れないために、自分のために書いたんだぁ(笑)

あと2回の実習と、レポート提出が残ってる(T_T)結構大変だわぁ。。
でも終わったら別の何かを習いに行くために
(今のところ陶芸って思ってるんだけど)頑張るわ♪ありがとう~

 

lavandeちゃん♪

lavandeちゃんは訪問のほうだと勝手に思い込んでいたんだけど、施設で働いていたんだね!
それだけですごい!って尊敬しちゃいます。
しかも、あの激務の後で、趣味を楽しんでいて・・本当にすごい!!!!!!!
私の義弟も施設で働いているんだけど、腰痛と声の大きいのは職業病だ、と言っていました。
私も、将来はできるだけ自宅で・・って思います。
頭がしっかり・・していたいけどね(^^;こればっかりはわからないもんね。。
でも、もしそうなったとしても、あの笑顔が自然に出るようになったら大丈夫かなって気がしました。笑顔の練習、頑張ろうっと♪

腰、大事にして無理のないようにお仕事頑張ってね。応援してまーす!

 

マキちゃん♪

やけにマジメなマキちゃん(笑)。
この前、ビックリしたねぇ!
私は後ろ姿から、アレ?もしかして?
と思ったけど、全然気づいてくれなかったね( ̄‐ ̄*)・・・・(笑)

私もマキちゃんのお子ちゃまたちに会えて嬉しかったよ~!
バイバイしてくれた姿がとっても可愛かったわん♪

マキちゃんは自分とご主人の両親を面倒見るつもりだなんて、えらいね!
私が受講した教室にも、親の介護のためにっていう人が結構多かったよ~。

私が行ったところ、もしかしてマキちゃんのお友達のいた施設かも。マキちゃんちのほうだったよ(*^-^*)
割と明るい印象だったかな?
男の子の部屋はさすがに汚かった(笑)けどね(笑)

なかなか実現しないけど、早く遊びに行きたいな~♪って思ってるよ~!

 

mitonちゃん、こんばんは。。。

施設はいろいろと考えさせられるよね
今ね、私の祖母のお姉さんが介護施設(で正しいのかな?)に入所していて3ヶ月ごとに2つの施設を往復しているの。
意識はちゃんとしているんだけど、体の方が不自由で・・・。一緒に住んでいる祖母では介護がムリだから・・・と理由で。
初めて足を踏み入れたとき、母に「これが現実だから・・・」と言われたの。
いろんな方がいろんな理由でいるとは思うけど、自分達の親・自分が・・・って思うとなんだか切ない気持ちにだったよ。。。


私が通っていた小学校の近くには児童養護施設があったから、そこから通ってくるコが結構いたのね。
やっぱりみんな親がいたよ。
「何歳になったら迎えに来るからね」と子ども達には言っていた親も、実際には迎えにこなくて子ども達は成人して卒業をする方が多いって聞いたことがあったの。

子供の頃はそういうことが理解できなかったけれど、今思うとやっぱり切ないお話だよね。

今、自分がおかれている当たり前の生活がいかに幸せでありがたいことか・・・。
毎日の生活を大切に過ごさなくっちゃ・・・だよね。

 

mitonちゃんって、ほんとえらいよね~。。。
私も見習って、仕事をする事にしたんだけど、mitonちゃんの足もとにも及ばないほど、ぬるぬるだわー。。。(実は、今日初出勤!で、2時間いろんなシステムの事聞いてきたけど、既にパニック・・・^^;)

週末里親とかいう言葉すら、初めて聞いたんだけど、あるんだね。
はぁ~・・・なんだか、とっても切ない気分。。。
ヘルパーは、何級まであるのかな?
とにかく、体だけは気をつけてね(^_-)-☆
応援してるからねっ♪

また、落ち着いたらメールするね~(^.^)/~~~


 

yokkoちゃん♪

なんだか暗い気分にさせちゃったかなぁー(汗)
ごめんねぇ~(>_<)
読んでくれてアリガト(*^-^*)

自宅での介護は家族も本人も・・本当に大変だと思う。
プロの方がお世話してくれる施設は、私たちのようなあんまり関係ない者から見たらなんだか切なくても、現実には必要だものね。。

yokkoちゃんのお友達の施設の子のお話し、そういう約束って悲しすぎるね。。
親はどんな気持ちなのかな。守りたくても無理な状況だったのかな・・・

そうだね、こんな当たり前な生活、不満や愚痴もつい出てしまうけど、反省するいいきっかけになりました(^^;

 

yuki*ちゃん♪

えー!そうだったの??
とりあえず(笑)おめでとう~!
就職祝いしなくっちゃだね(*^-^*)
初日は2時間でも疲れたでしょう~。
私なんて帰ってきてソファでグッタリ、働いたのと同じ時間だけ動けなかったもん(笑)
お疲れさまでした!これから頑張ってね!

私は、仕事、いつ辞めよう、いつ言おう・・と思いつつ、なかなか言い出せずに、3ヶ月を超えてしまいました(^^;
ようやく慣れたかな。。。(笑)

全然偉くなんてないよ(^^;
ヘルパーの資格は取っておこうって思った程度だったし、たまたま実習に行っていろいろ感じただけなんだよ(^^;
ヘルパーは1級と2級があるんだけど、私が取る2級はなくなることが決まってるの。
ただ、これから資格を取ろうと思ったら今より更に大変になるらしいから、今のうちに、って思ったんだ。

里親のことは、夫も子供好きなんだけど、ウチは1人だけだし、どこかに出かけても、家で遊んでても子供がもっといたほうが楽しいかな、って思って。
ボランティアというか逆に私たちが遊んで欲しいのかも(笑)

 

mitonちゃ~ん

ご無沙汰しております♪お元気ですか???

私は毎日時間に追われて・・・慌しい日々を送っています。
何だか・・読んでいて義父や実父のことを思い出してしまいました。
2人とも介護じーちゃんだったのでね・・
それは・・それは・・うんうん!ホームでの出来事なんか胸が痛くなっちゃう・・・。

両方とも介護4だったから・・・
週に3日はデイにいってね・・
介護している母なんが疲れちゃうからショートにもいれたりして・・ずーーとぼんやり部屋で時間だけが過ぎていく・・わかります。
そんな中でも私が面会に行くと喜んでね・・。
意味があるのか?ないのか?よく思ったものでしたよ。(ある意味生きていくということにね・・)
もしかしたら脳梗塞で倒れたときにそのまま・・いちゃったほうがお互いに幸せだったのかな?とかもね。

本人そして・・それを支える家族。
これからどんどん高齢化社会にどっぷりはまる日本。
色んな意味での「生」生きる・・を考えるときにきているのかもしれません。

介護にかかわらず・・・育児・・子育て・・
そして家族。
色んな意味でね・・・。

何だかまとまらない文章になってしまいました。

 

あゆぼん♪

コメントありがとう~
あゆぼんもいろいろ大変だったもんね。

もしかしたら脳梗塞で倒れたときに・・

絶対そんなことないからね。。
私の父はまさにその状況で、脳梗塞で倒れた3日後亡くなったの。
それはそれで、後悔があるよ。
あまりにもあっけなく急すぎて・・
ありがとうも、ごめんね、も伝えられなかったよ。。
植物状態になっても生きて欲しいって私は言ったけど・・でもダメだった。
結局どっちにしても悔やむんだと思う。。

意味はあったよ、あゆぼんに来てもらえて本当に喜んでたと思うよ。

ショートステイも介護する人にとってもありがたいし、本人も気分転換になっていいよね!

これからの高齢化社会を考えると、自分の頃には今のような介護すら受けられないかもとか考えちゃうけど。。
違う未来であって欲しいね。

まずは今を楽しく♪♪
頑張っていきましょう~(*^ー゚)v

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。